テングチョウ 

鱗翅目 タテハチョウ科

tengucyou_6580.jpg - 80,429Bytes
鼻先が長いのが命名の由来です。

tengucyou_1755.jpg - 40,999Bytes
翅裏の模様もは地味ですが、表面はわりと目立つ色合いです。

tengucyou_1745.jpg - 47,421Bytes
日光浴のために翅を広げていますが、普段は閉じています。

山地で見られる小型で軽快なタテハチョウの仲間です。
以前はテングチョウ科として独立した科を形成していたと記憶していますが、最近は「タテハチョウ科」の中の「テングチョウ亜科」とされています。
日本国内でこの亜科に属するのは本種1種のみです。

下唇髭(パルピ)と呼ばれる器官がタテハチョウの中でも特別長く、それを天狗の鼻に見立てた命名です。

自分的にはあまり見かける機会のない珍しいチョウだと思っていましたが、3月に朝霧高原の「三方分山」に登った際には山麓の雑木林で多数の本種を見かけました。

一般的なタテハチョウと同様に成虫で越冬しますが、夏季は活動せずに休眠するとのことです。