リュウキュウアサギマダラ

鱗翅目 マダラチョウ科

ryuukyuuasagimadara_8048735.JPG - 120,361Bytes
翅を開いた写真が撮れませんでした。

ryuukyuuasagimadara_8048731.jpg - 117,847Bytes

近年では、マダラチョウ科をマダラチョウ亜科とし、タテハチョウ科に含める考え方もあるそうです。
本種は南西諸島以南に分布する、やや小型のマダラチョウです。

名前には「アサギマダラ」と付きますが、本州でも見られる「アサギマダラ」とは別の「リュウキュウアサギマダラ属」に属しています。
他のマダラチョウ同様に幼虫がガガイモ科の有毒植物を食べて毒素を蓄積するため、鳥などに襲われにくいようです。(それでも、翅が傷付いていることも多いようですね)

いわゆる「浅葱色」が爽やかで、ゆっくりと羽ばたいて飛ぶ姿は優雅です。

8月の沖縄ではわりと普通に見られましたが、写真を撮れたのは一度きりでした。