カノコガ

鱗翅目 カノコガ科

カノコガ

カノコガ

カノコガ
腹部が太いのはメスのようです。


初夏の頃に出現し、秋口ごろまで見られます。
タンポポやギシギシなどを食草とするとのことで、主に平地や里山周辺の草むらなどで一般的に見られます。

昼行性で、時に多くの個体がまとまって見られます。

翅の模様が「鹿の子模様」であることからの命名ですが、以外の近縁種は少なく、国内では本種含めて2種しかいないようです。