イシガケチョウ

鱗翅目 タテハチョウ科

ishigakecyou_1160499.jpg - 185,614Bytes
地面に止まると、保護色になるようです。

ishigakecyou_1160467.jpg - 191,992Bytes

ishigakecyou_1160491.jpg - 146,715Bytes
白をベースとした配色もタテハチョウらしくない?

本州(紀伊半島以南)から、四国・九州〜南西諸島に分布する、やや大型のタテハチョウです。
東海地方には分布していないので、個人的には「南国のチョウ」というイメージでした。

沖縄ではわりと普通に見られるようですが、なかなか撮影できる機会はありませんでした。
干潟の近くで車を停め、カニを観察した後に道路に下りて吸水しているのを見つけました。
そのときには、前後に長い独特のプロポーションにちょっと違和感さえ覚えました。
本種の場合は、翅を開いて止まる傾向が強いようですが、一瞬どちらが前だかよく判りません。