イチモンジセセリ

鱗翅目 セセリチョウ科

イチモンジセセリ

イチモンジセセリ

イチモンジセセリ
自分のオシッコをかけて鳥のフンを吸っている(吸い戻し行動)斑紋の小さい個体

セセリチョウの代表種で、平地で最も普通に見られます。

後翅の白い斑紋が一列に並んで見えることから「一文字」セセリと名付けられていますが、あまり一文字には見えませんね…。
(斑紋の大きさにもかなり個体差があります)

幼中はイネ科の植物を食草とし、稲の害虫として嫌われます。
色合いもぱっとしませんが、顔付きなどはぬいぐるみの様で可愛らしく見えますね。

我が家周辺で見られるセセリチョウの仲間はほとんどこれですが、豊橋市では稲は早稲品種がほとんどのためか、食害がそれほど問題になっているのは聞いたことがありません。

秋になると他のチョウ類は数を減らしていくなかで、本種だけが個体数が増えてくるように思います。