アオタテハモドキ

鱗翅目 タテハチョウ科

aotatehamodoki_1170329.jpg - 103,962Bytes
敏感なチョウで、近寄るとすぐに飛び去ってしまいます。

aotatehamodoki_1160980.jpg - 95,653Bytes
前翅の目玉模様は黒く塗りつぶされたようになって見え辛い。

aotatehamodoki_1160959.jpg - 99,817Bytes
翅裏は明るい褐色です。

aotatehamodoki_1190094.JPG - 117,726Bytes
こちらは翅に青みのないメス。前翅の目玉模様が塗りつぶされていない。

南西諸島に分布する、やや小型のタテハチョウです。
かつては八重山諸島が主産地であったようですが、現在では沖縄本島でも普通に見られるようで、滞在中も今帰仁村でも何度も見掛けるチョウでした。

オスは青と黒のコントラストが強く、メスは青みがほとんどないのが普通のようです。

よく見かけるのですが、非常に敏感なため、近付くとすぐに離れたところへ飛び去ってしまいます。
そのうえ、沖縄ではこのチョウに限らず多くの個体が翅にダメージを負っているので、ちょうど良い写真が撮れませんでした。