ツマグロイナゴモドキ 

直翅(バッタ)目 バッタ科  体長45mm前後

ツマグロイナゴモドキ(オス)

ツマグロイナゴモドキ(オス)結構おでこが出張ってる

ツマグロイナゴモドキ(オス)

Tツマグロイナゴモドキのペア

ツマグロイナゴモドキ(メス)

古い図鑑では「ツマグロイナゴ」とあり、名前に「イナゴ」と入っていますが、実際にはイナゴの仲間ではないことからこのように改名したようです。

オスは全体的に黄褐色で、後肢の膝関節と翅の先端が黒い(名前の元)のが特徴です。
メスの体長は45mm前後となり、トノサマバッタなどに次ぐ、かなり大型のバッタの仲間です。

東海地方では、成虫は真夏から秋にかけて見られ、低山から1000m以上の山地まで見られます。