ツチイナゴ 

直翅(バッタ)目 バッタ科  体長40mm前後

ツチイナゴ
褐色型の成虫

ツチイナゴ
こちらは幼虫

ツチイナゴ

草むらなどに普通に見られるバッタです。

成虫は晩秋に現れ、成虫のまま越冬するようです。

 

幼虫は草の茎に縦にとまっていることが多く、覗き込むと危険を感じて後ろ側後ろ側へと回り込んで身を隠す行動が見られます。

複眼から縦に眼過線があり、涙を流しているようで可愛らしく見えます。

色彩変異があり、褐色のものもいます。

幼虫のうちは全身緑色(または褐色)に細かな黒点があり、成虫になると明瞭な模様が現れます。