オオカマキリ 

カマキリ目 カマキリ科  体長90mm前後

オオカマキリ

オオカマキリ

本州などで見られる中では最大のカマキリです。

普通は全身緑色ですが前翅が茶色、全身茶色などのタイプも多く現れます。

触角は長く、顔はおむすび型。

後翅は赤紫色のまだら模様があり、威嚇のポーズをとるときは腹部を反らして翅を広げ、ばさばさと音を立てます。

この様子、なんだか蛇を連想させるものがあると感じるのは私だけでしょうか?

(蛇が鎌首をもたげて口を大きく開いたところのような)

 

よく似たチョウセンカマキリ(カマキリ)との見分けとしては、オオカマキリの前肢の付け根は暗黒色、チョウセンカマキリは橙色という違いがあります。

 

あまり一ヶ所に定着せずに移動しながら生活しているようです。

生活条件が良いと沢山見られる場所もありますが、前回見た場所でも翌日には見られなくなってしまう事もしばしば。

逆に、ハラビロカマキリは幼虫期に定着すると、産卵期までずっとその場所に定着する傾向があるようです。

卵鞘はシュウマイ型で、木の枝やススキなど、比較的高いところに産み付けるようです。

オオカマキリ(幼虫) オオカマキリ(幼虫)