クルマバッタ 

直翅(バッタ)目 バッタ科  体長45mm前後

クルマバッタ

クルマバッタ

クルマバッタ クルマバッタ

草原などに棲む、トノサマバッタに似たバッタで、体色は緑のものと褐色のものの二型あります。

後肢の脛節が赤みがかっているため、肢を伸ばすと目立ちます。
頭には丸みがあり、前胸部の背面は稜線が鋭く立ち上がり、後ろに向かって尖っています。
翅は腹部より少し長く、前翅には白い斑紋が2列あり、飛んでいる時には目立ちます。(トノサマバッタは前胸後端は丸みがあり、翅は腹部よりずっと長い。)

また、羽ばたきの音は「ブーン」と大きく、着地する直前に「パチパチ」という音が混じります。

トノサマバッタは砂地や芝の上などでもよく見られるのに対し、こちらは草むらやススキ原などで見られます。