コマダラゴキブリ 
ゴキブリ目 マダラゴキブリ科  体長35m前後

komadaragokiburi_P1166825.jpg - 180,159Bytes
沢沿いの葉の上で奥さんが見付けてくれました。

komadaragokiburi_P1166835.jpg - 89,303Bytes
やや丸みのある体形はちょっと特徴的かも。

komadaragokiburi_P1166814.jpg - 117,014Bytes

ゴキブリというと、一般にはあまりイメージのよくない昆虫ですが、本種も含めて人間に直接関わることなく暮らしている種がほとんどです。

 

この「コマダラゴキブリ」は八重山諸島に分布する中型のゴキブリです。
同じく八重山諸島には「ヤエヤママダラゴキブリ」という大型のゴキブリも生息していますが、こちらは見た目ではあまりインパクトのある大きさではないですね

他のマダラゴキブリ同様に渓流に依存して生活するため、主に森に囲まれた流れの脇などで見られ、幼虫は潜水もするそうです

ややマットな質感と、かすり模様のような翅脈が繊細に見え、この個体はたまたま前翅が破損していたため後翅が鮮やかなオレンジ色の部分があるのも判ります。

2019年の第一回八重山遠征の際に渓流沿いで他の生き物を撮影していたところ、後ろにいた奥さんが見付けてくれました
やっぱり目がたくさんあると良いですね(^^)