カヤキリ 

直翅(バッタ)目 キリギリス科  体長60mm前後 

KAYAKIRI_1056.JPG - 69,981BYTES
幅広で剣状の産卵管を持つメス

KAYAKIRI_7476.JPG - 71,314BYTES
ややスリムなオス。

主として茨城県以南の太平洋岸に分布し、やや山地寄りのほうで多く見られます。

体色は緑色のものと褐色、ピンクがかった茶色のものがいるようです。
かなり大型のキリギリスの仲間で、特にメスは太くて長い体付きをしていて、見た感じは「ヤングコーン」のようです。
頭部と前胸部は縁取りのように白っぽい縦線が入っています。

その名の通り、カヤやススキの葉に縦向きにとまって身を隠していることが多いように見受けます。

KAYAKIRI_Y_4636.JPG - 70,071BYTES
ススキの葉に隠れる幼虫