イボバッタ 

直翅(バッタ)目 バッタ科  体長25mm前後

イボバッタ

イボバッタ(幼虫)
こちらは幼虫

乾燥した、畑などの開けた場所でよく見られます。

 

御丁寧に、目玉まで土色をしているためなかなか目立ちません。

足元から飛び立ってはじめて存在に気付くくらいです。

 

捕食者はぱっと見たときに「目」をパターンとして認識して獲物を見つけると考えられ、目のありかが判り難いというのは、捕食者に対する保護色として非常に有効と考えられます。

多くの動物では「眼過線」と呼ばれる模様を持つものがあり、目のありかを判りにくくしています。

 

このバッタの場合は目玉まで土色にし、更に体にイボイボがあるため目の位置がパターン認識し辛いことが保護色の完成度を高くしていると思われます。