ホソクビツユムシ 

直翅(バッタ)目 キリギリス科  35mm前後(翅端まで) 

hosokubitsuyumusi_4132.jpg - 66,387Bytes
ツユムシとしては翅の幅が広くて体高が高く見えます。

hosokubitsuyumusi_4117.jpg - 68,039Bytes

hosokubitsuyumusi_6032.jpg - 72,850Bytes

hosokubitsuyumusi_4544.jpg - 75,601Bytes
棒の姿勢(?)で擬態するメス。翅が両側に広がって船型になっている。

夏に主に標高1000m前後の山地で見られるキリギリスの仲間です。
他のツユムシに比べて翅の幅が広くて体高が高い、いかにも「キリギリス」っぽい姿をしています。
他のツユムシは後翅が細長く、前翅よりも長く後ろに伸びていますが、本種の場合は長さにそれほど差もありません。
触角は長く、途中に白い部分が繰り返しあるため、メジャーのようです。

また、セスジツユムシなどはメスの体付きがオスに比べて太っちょなのですが、ホソクビツユムシの場合、メスは明確に幅広な体形です。
翅の中央部が大きく横に広がっているため、まるでボートを伏せたように見えます。
初めて見たのがメスだったので、とてもツユムシの仲間に見えませんでした。

オスは草の上や樹上などの開けた場所に出て「シキシキシキ…」と涼しげな音で鳴きます。