ヒサゴクサキリ 

直翅(バッタ)目 キリギリス科  体長35mm前後 

HISAGOKUSAKIRI_1203.JPG - 71,015BYTES
一度見たきりでそれ以降出会っていません(メス)。

主として千葉県以南の太平洋岸の海沿いの地方に分布し、メダケの生える環境で見られるそうですが、数はあまり多くないようです。

体色は褐色で、頭部・前胸部の背面は濃い茶褐色をしていて、顔面には緑色の斑点があります。
翅の背面はS字状にカーブし、後端は丸くてヘラ状で特徴的な形をしています。
メスの産卵管は幅広の青龍刀のような形をしているため、クサキリとの識別は容易です。