チョウセンカマキリ 

カマキリ目 カマキリ科  体長70mm前後

チョウセンカマキリ

チョウセンカマキリ

チョウセンカマキリ

チョウセンカマキリ

いわゆる従来の標準和名で「カマキリ」という種類。(最近は「チョウセンカマキリ」というのが正式?)

ただ、子供の頃は特に「これがチョウセンカマキリ」と意識したことはありませんでした。

実際、近所での個体数はあまり多くないようです。

体形はオオカマキリとほとんど変わりなく、小柄でやや華奢かな?という感じ。

前翅の翅脈などはずっと繊細な印象です。(なんか曖昧だなあ…)

オオカマキリとは、前肢の付け根が鮮やかなオレンジ色(オオカマキリは薄黄色+黒)になることが大きく違います。

卵鞘の形も細長い餃子型(?)です。

顔つきも、オオカマキリが「逆おむすび型」なのに対して、こちらは明確に「逆三角形」に見えます。

 

自宅周辺で見るチョウセンカマキリは、全て緑色で翅が茶色、体の下面(または体全体)が橙色っぽいものばかりです。

チョウセンカマキリ チョウセンカマキリ