アシグロツユムシ 

直翅(バッタ)目 キリギリス科  35mm前後(翅端まで) 

asigurotsuyumusi_8052.jpg - 126,535Bytes

asigurotsuyumusi_8311.jpg - 113,262Bytes

asigurotsuyumusi_8310.jpg - 97,672Bytes
棒の姿勢をする(?)メス。

asigurotsuyumusi_00528.jpg - 110,031Bytes
幼虫は独特の色合いで類似の他種と随分違う

asigurotsuyumusi_5488.jpg - 89,490Bytes

草地や藪などに棲み、全体に細身で小型なため、あまり目立たないキリギリスの仲間です。

アシグロツユムシの場合は、身の危険を感じると、肢を伸ばして棒状の姿勢でじっとします。

ツユムシやセスジツユムシと比べ、触角が黒く、中・後肢の膝から先が黒褐色をしています。(前肢は腿節から先が茶褐色)
体の色も濃い緑に黒点が散っていて、爽やかな美しさがあります。

本種もセスジツユムシ同様に、どちらかというと林や山地に多く分布するように思います。