ヤガタアリグモ

ハエトリグモ科  7mm程度

yagataarigumo_P9120796.jpg - 82,967Bytes

yagataarigumo_P9120779.jpg - 87,399Bytes

yagataarigumo_7290744.jpg - 98,613Bytes
頭胸部後半から腹部前半が赤くて、まるでムネアカオオアリ?

yagataarigumo_7290692.jpg - 95,705Bytes

yagataarigumo_7290664.JPG - 119,350Bytes
鋏角は頭胸部の長さより若干短かめ。

本種は自宅周辺でもわりと普通に見られますが、あまり図鑑などでも取り上げられておらず、自分はずっと「アリグモの色彩変異の一種」だと思っていました。

しかし、よく見るとプロポーションもちょっと違うし(ややスマートでヤサアリグモを連想させる)よくよく調べたら「ヤガタアリグモ」っていう別種だということにやっと気付きました。

 

サイズ的には「アリグモ」に近いと思うのですが、前述のようにややスマートで、腹部のくびれなどは「ヤサアリグモ」を連想させます。
また、成熟したオスの鋏角は長大ですが、頭胸部より鋏角が長いアリグモに比べると若干短めで、頭胸部と同じかちょっと短いくらいのようです。

 

メスもちょくちょく見かけた記憶があるのですが、写真に撮れていないようでストックはありませんでした。