ウロコアシナガグモ 

アシナガグモ科  体長8mm前後

オスは鋏角と触肢が長く、成体の体色は赤みが混じる
ウロコアシナガグモ

ウロコアシナガグモ

卵嚢を守るメス(メスは鋏角が短い)
ウロコアシナガグモ(メス)

アシナガグモの仲間のうちでも、結構美しいものの一つです。
このクモはどちらかというと葉の裏などに潜んでいることが多く、しっかりした網を張っているところは見たことがありません。

アシナガグモの仲間は、水平円網を張るものが多く、図鑑などによるとこのクモも基本はそのようですが、ウロコアシナガグモの場合は怠け者(?)が結構いるということでしょうか?

アシナガグモの仲間は鋏角が非常に長いものが多くいますが、このクモの場合はオスの鋏角は長く、メスは長くありません。

代表種の「アシナガグモ」は綿の玉のような卵嚢を草の葉などにつけますが、このクモの場合は粗い不規則網を張った中に置くようです。