トリノフンダマシ

コガネグモ科  体長12mm前後

トリノフンダマシ トリノフンダマシ

トリノフンダマシ トリノフンダマシ

このクモも、名は体をあらわすの通り、鳥の糞に擬態したクモです。
よく似た「オオトリノフンダマシ」に比べてやや小柄でオレンジが濃く、白い部分もはっきりしています。

トリノフンダマシの仲間は昼間は葉の裏に隠れて、夜になると大型の水平円網を張り、主に蛾などを捕らえるそうですが、観察はしたことがありません。
8月頃に笹などの葉の下に涙滴形の卵嚢をぶら下げ、それを保護します。

このクモもオスはまだ見つけたことがありません(^^ゞ