シロオビトリノフンダマシ

コガネグモ科  体長8mm前後

siroobitorinofundamasi_3692.jpg - 63,182Bytes 

siroobitorinofundamasi_3698.jpg - 57,770Bytes siroobitorinofundamasi_3688.jpg - 58,347Bytes

トリノフンダマシは名前の通り、鳥の糞に擬態したクモです。
昼間は写真のような姿勢で葉の裏に静止し、夕方から網を張って夜行性のガなどを捕食するといわれています。

写真は谷津田周辺のススキの葉裏で見つけたもので、悪天候をおして観察に出掛けた際に発見!苦労した甲斐がありました。
少し離れたススキにシルエットを見付けた時は「このあたりでよく見かけるオオトリノフンダマシかな?」と思って藪の中に踏み込んでみたところ、全く色合いの違う本種でした。

色合い的には本種が最も「鳥の糞」に似ている??

シロオビトリノフンダマシは私自身としては4種目のトリノフンダマシにあたりますが、それ以上はほとんどが希少種ですから、この先5種目への道のりは遠いと言わざるを得ませんね。