シラヒゲハエトリ 

ハエトリグモ科  体長8mm前後

蚊を捕らえたオス
シラヒゲハエトリ(オス)

「アゴ出し」行動で威嚇するメス
シラヒゲハエトリ(メス)アゴ出し

家屋や神社仏閣の外壁によく見られる、やや平べったい体型のハエトリグモです。

雌雄の体色の差が少ない種類です。

成熟したオスはメスに比べてややコントラストが強く、触肢と目の下あたりに白い毛があることで見分けられます。

鋏角は真っ黒で、かなり湾曲しています。覗き込んで目が合うと、触肢を上下させて鋏角を見せて威嚇(アゴ出し行動)します。