オオトリノフンダマシ

コガネグモ科  体長12mm前後

オオトリノフンダマシ オオトリノフンダマシ

オオトリノフンダマシ オオトリノフンダマシ

名は体をあらわすの通り、鳥の糞に擬態したクモです。
よく似た「トリノフンダマシ」に比べて全体に色が薄くてコントラストが無い感じです。
この姿から、我が家では「クルル曹長」とよんでいます。(判らない方すみません)

昼間は葉の裏に隠れて、夜になると大型の水平円網を張り、主に蛾などを捕らえるそうですが、観察はしたことがありません。
主に見かけるのは、水辺に近い林の縁などです。
8月頃に笹などの葉の下に紡錘形の卵嚢をぶら下げ、それを保護します。

オスはまだ見つけたことがありません(^^ゞ

下の写真は、葉の裏に隠れていたオオトリノフンダマシが、警戒して懸垂下降した姿です。この後、手に取って葉の上に戻したら、再度地面近くまで懸垂下降したところを下の草むらで待ち構えていたカエルが飛びついて一呑みにしてしまいました。
余計なことをしたばかりに、大変申し訳ないことをしてしまいました。

オオトリノフンダマシ オオトリノフンダマシ