ネコハエトリ 

ハエトリグモ科  体長7mm前後

ネコハエトリ

オスは黒々、ごわごわ…
ネコハエトリ ネコハエトリ

メスはもじゃもじゃ、ふさふさ?
ネコハエトリ ネコハエトリ

生垣や樹上で普通に見られるハエトリグモですが、成体のオスは春の短い期間にしか見られません。
成体のオスは腹部が茶色い以外はほとんど真っ黒で、かなり目立ちます。
しかし、成体になるまではオスもメスによく似た色合いなため、なかなか見分けがつきません。
(触肢のふくらみも目立たない部類です)
オス成体の第一脚は長大で、この脚を広げて求愛のダンスをします。

1980年代の前半に、NHKでタモリ氏がナビゲートする「ウォッチング」という番組がありました。
その中でこのハエトリグモを特集した回があって、初めて存在を知りました。
実際に生き物の観察を始めてみると、意外にも最も普通な種類の一つでした(^^)