ナガコガネグモ 

コガネグモ科  体長25mm(メス)前後

ナガコガネグモ

左は成体になったばかりのメス、右はオスの成体(縞模様が不明瞭)
ナガコガネグモ ナガコガネグモ(オス)

ナガコガネグモ(幼体)主に水辺に近いところで多く見られる大型のコガネグモの仲間です。
体型はやや細長く、メスの腹部の縞模様は細かくて繊細な感じです。
オスはメスとは全く違って全体が明るい茶色で、縞模様は不明瞭です。

隠れ帯は基本は縦に一直線ですが、多くは下だけだったりおざなりにつけられているだけの場合がほとんどです。
危険を感じると、体を大きく揺すって網全体を振動させて威嚇します。

幼体は親とは全く違う体色(左の写真)で、網にも中心全体にジグザグの隠れ帯をらせん状につけています。