コガネグモ 

コガネグモ科  体長23mm(メス)前後

コガネグモ

コガネグモ コガネグモ

大型の美しいクモで、コガネグモ科の代表選手です。

クモの種類を知らない人でも「クモ」といえばこのクモの姿を連想するというくらい一般的なイメージがあります。

コガネグモの仲間はオニグモのように昼間は隠れているとかいう事もなく、クモの巣の典型的な垂直円網の中心に鎮座しているところも立派に見えます。
ところが実際にクモの観察をしてみると、意外にもあまりコガネグモの姿を見掛けないのが気になります。
大型のクモでもあり、「開けた草原や林の周辺」という生息環境が減ってきているせいでしょうか?

コガネグモ(幼体)久し振りに大型の成体を見つけたときには、なんだか昔の友達に会ったような懐かしさを憶えました。

腹部の黒帯が3本(実際には腹部の前縁も黒いので4本?)に見えるのが本種です。
幼体のうちでも「コガタコガネグモ」などよりもがっちりした体型に見えます。

オスはほとんど見たことがありませんが、小型で黒っぽいため同じ種類のクモには見えません。

左は自宅で見つけた幼体です。