イオウイロハシリグモ 

キシダグモ科  体長25mm前後

イオウイロハシリグモ

イオウイロハシリグモ

イオウイロハシリグモ イオウイロハシリグモ

屋外で見かけるクモの中では(アシダカグモを除くと)最も大型の部類のクモです。
昼間、草の葉の上などで獲物を待ち伏せしている姿を良く見ます。
危険を感じると、素早く葉の裏側に回り込んで隠れます。

色彩多型で、スジボケ型・橙色型・硫黄色型など全く違う種類のように見えます。
ハエトリグモやコモリグモと並んで目が発達しているため、眼列配置が独特です。

だいたい8月から9月にかけて産卵します。
普段は巣を作らずに徘徊し、産卵後も卵嚢を持ち歩きます。孵化が近づくと不規則な網を張って卵嚢を置き、母親は側で保護します。
孵化した子グモはその網の中で2週間程度「団居(まどい)」と呼ばれる集団状態で過ごし、最初の脱皮をしたのちに分散します。
母グモはやはりその2週間程度の間は団居に付き添って子グモを保護します。

団居中の子グモは巣の中で適当に広がって過ごしていますが、危険を感じると右の写真のように一箇所に集まって団子状になります。
よく、「クモの子を散らすように」という表現を使いますが、この場合は逆ですね。

不規則な網がクモ以外の外敵を寄せ付けない安全な隠れ家となっているようです。