ゴミグモ 

コガネグモ科  体長14mm(メス)前後

成熟すると真っ黒けなオス
ゴミグモ(オス)

ゴミグモ

ゴミグモ

ゴミグモ

「ゴミグモ」と呼ばれる種類の中の代表選手で、家の周囲や林の周辺などのそれほど高くない場所に垂直円網を張り、中央にゴミを縦に並べます。
クモはゴミの中に自分の体が納まるようにくぼみを作った中に隠れます。
ゴミは食べかすから脱皮殻や枯葉などを糸でまとめたもので出来ていますが、産卵時には卵嚢もその中に置く徹底ぶりです。
網は支障がなければ特に移動せず、修理のみで使用しつづけるようです。

クモの体も不規則な模様と腹部後半の突起でカムフラージュされているだけでなく、脚を小さく折り畳んで前胸部を隠している姿はもうまるで「ゴミ」。

普通の造網性のクモの巣ではそれほどゴミが付いているのを見かけることはないと思います。それはもちろん邪魔なゴミを付けたままにしておくと網としての機能を損なってしまうからに違いありません。

それでもゴミグモが巣のど真ん中にごみを集めておくということは、クモ達にとって捕食者に対するカムフラージュが非常に重要だということの現れでしょうか?

交接するゴミグモ(オスは触肢に溜め込んだ精子をメスの腹部付け根にある外雌器に注入)
ゴミグモ(交接) ゴミグモ(交接)

ある日、いつも観察しているゴミグモの巣の外に小さな黒いゴミグモがいるのを発見しました。膨らんだ触肢から、成熟オスのようです。
縦糸の根元に取り付いて、糸を肢ではじいて巣にいるメスに対して「愛のメッセージ」を送っている様子。

それに気付いたメスは、振動を頼りにオスの方に近寄ってきます。

両者がであった時、オスはメスの腹側に潜り込み、触肢の先端から精子をメスの外雌器に注入して交接が成立。
作業(?)が終わると、両者はぱっと離れ、メスは巣の中心へ急いで戻る。

一方、オスは巣から転げ落ち、しおり糸にぶら下がったまま…死んだのか?と見える様子。
が、死んではいなくて、息を吹き返す(?)と再びメスに対してメッセージを

メスは2度目も応じて交接成立。

3度目(^^;以降はメスの反応はなし。さらにもう一匹ライバルのオスが現れてメッセージの応酬合戦になるも、メスは知らんぷり。

翌週にはゴミの中に卵嚢が置かれていました。