ギボシヒメグモ 

ヒメグモ科  体長3.5mm前後

gibosihimegumo_0197.jpg - 62,729Bytes
卵嚢の近くで保護するメス。

gibosihimegumo_0203.jpg - 63,384Bytes

gibosihimegumo_5105.jpg - 68,636Bytes
卵嚢を守っていた別のメスですが、まだこれからも産卵可能なのか、腹部がかなり肥大しています。

小型で工芸品のような色合いのクモです。
腹部の形が中世の橋の欄干などに付く「擬宝珠」に似ているため「ギボシヒメグモ」と名付けられていますが、図鑑で見るとオスの腹部は丸いようです。

ヒメグモの仲間の多くはメスが卵嚢を保護したり、生まれた子グモを保護したりする習性があります。
写真の個体も葉裏につけた卵嚢を保護しています。