チブサトゲグモ

コガネグモ科  7mm程度(メス)

chibusatogegumo_8027797.jpg - 89,321Bytes
開けた場所に垂直円網を張り、中央に鎮座しています。

chibusatogegumo_4202090.jpg - 95,590Bytes
体色の変異は大きく、6パターンくらいあるらしい。

chibusatogegumo_4212674.jpg - 92,987Bytes
「乳房」の意味がよく判るように撮ってみたもの。

南西諸島に分布する小型のコガネグモの仲間です。

沖縄では人家の周辺で見られるごく普通のクモだそうですが、逆に自分のような本土の人間から見れば、いかにも「沖縄に来た」と感じさせます。

 

森の中の道や人家周辺のやや開けた場所に垂直に円網を張り、クモはその中央に定位しています。

 

背面には名前の元になった「乳房」状のトゲがあり、表面は角質化して硬いそうです。(ishidaは実際に触ってみてはないけど)

腹部背面の模様は個体差が大きく、地色が黒いものから茶褐色までの塗りわけや星の数などで4〜6程度のタイプに分けられるようです。
上の写真では「フタホシ・茶色型」「フタホシ・茶黒型」といった感じ?