アサヒエビグモ

エビグモ科 7mm程度

アサヒエビグモ
がっしりした体型のメス

アサヒエビグモ
華奢で足の細長いオス

アサヒエビグモ
オス同士の闘争?で肢を半数失った個体

最も普通に見られるエビグモの仲間です。
春になると盛んに植え込みの中や草叢を走り回っているオスを良く見かけます。

オスはメスよりも華奢で、色も赤茶色をしているため、まるで違う種類のクモのようです。

年末に外回りの大掃除をすると、このクモの幼体がよく出てきます。