アオオニグモ 

コガネグモ科  体長11mm前後

アオオニグモ

アオオニグモ

アオオニグモ アオオニグモ

アオオニグモ

明るい緑色と黄色い体、白い腹部のコントラストが非常に美しいクモです。
出現時期は早めで、春から初夏にかけて成熟した個体が見られます。


普段は葉を巻いた隠れ家の中に潜んで、脚で網の一端をつかんで獲物がかかるのを待っています。
獲物がかかると素早く糸で巻き、隠れ家に運んでからゆっくり食事をするようです。
その場で食事を始める場合もありますが、危険を感じると素早く隠れ家に逃げ込みます。
派手な色の割には非常に臆病な性質ですね。

このクモはオニグモのように毎日巣をたたんでは張り直すことはありませんが、獲物が掛かるなどして網が破れることも多く、けっこう頻繁に張り直しているようです。
横糸の粘球は大きく、非常に粘着性の高い網のようです。

オスはまだ見つけたことがありません(^^ゞ