アカイロトリノフンダマシ

コガネグモ科  体長5mm前後

アカイロトリノフンダマシ 

アカイロトリノフンダマシ アカイロトリノフンダマシ

トリノフンダマシは名前の通り、鳥の糞に擬態したクモです。
しかし、「アカイロトリノフンダマシ」は鳥の糞ではなく、テントウムシに擬態しているようです

体は5mm程度と小型で、ちょうどテントウムシのようなサイズです。
鳥などの捕食者は、このサイズと色のパターンで「まずい相手」と認識してしまうということでしょうか。
両サイドの黒点が目のようにも見えますね。(何となく「ドコモダケ」のようにも見えます…)
写真のような赤だけでなく、黒地のものも稀に見られるそうです。

写真はメスで、残念ながらオスは見たことがありません。
(オスはメスに比べて非常に小さいそうです)

-------------------------- 2007.10 追記 --------------------------

2007年には黒地の「アカイロトリノフンダマシ」と出会いました。
この種自体が2度目の出会いですが、今回もメスしか見られませんでした。
今回出合った個体はかなり活動的で、低い位置での撮影とも相まって苦労しました。
そういえば、新聞には飯田で稀産種の「ツシマトリノフンダマシ」が見つかったとの報道もありました。羨ましいですねぇ。

AKAIROTORINOFUNDAMASI_BK_7225.JPG - 58,693BYTES AKAIROTORINOFUNDAMASI_BK_7180.JPG - 56,329BYTES

AKAIROTORINOFUNDAMASI_BK_7207.JPG - 60,381BYTES AKAIROTORINOFUNDAMASI_BK_7172.JPG - 59,521BYTES